時計・宝飾・眼鏡の専門店 株式会社ヤマザキ
トップページ時のコラム宝飾品情報金地金取引会社情報店舗情報採用情報ご利用案内リンクお問い合わせ
ヤマザキの歴史
マスターショップモデル
グランドセイコー
ガランテ
クレドールノード
特殊時計
時計新製品情報
アストロン
プロスペックス
スプリングドライブ
グランドセイコーの歴史

第二回「私の好きな時計」へ戻る

   ■第一話 「すべてを求める欲張りな人へ」

   ■第二話 「夕暮れのバス停」

   ■第三話 「最高の普通」は「最高の贅沢」

   ■第四話 「9Fキャリバーへの思い」

   ■第五話 「二世代、三世代も使いたい9Fグランドセイコー」「普遍の時」

   ■第六話 「比較」


第一話 すべてを求める欲張りな人へ
 『時間精度』『機能美』『技術力』『デザイン』・・・

 人が腕時計に求めるものは、それぞれ違うと思います。「時間精度」を求めるなら10万年に1秒という超高精度の“電波修正機能搭載モデル”を選択すれば良いですし、「技術力」を感じたいのならば画期的な機構を誇る“スプリングドライブ搭載モデル”をお勧めします。

 でも世の中には「すべてを求める」という欲張りな人もいるかもしれません。そんな方には『グランドセイコー9Fキャリバー搭載モデル』が相応しいのではないでしょうか。

 機械式時計が全盛だった1960年代後半、諏訪精工舎の画期的な技術により開発・販売されたクオーツ式腕時計「アストロン」。当時の機械式時計の100倍近い超高精度を誇ったクオーツ式腕時計はその後も進化を続け、1993年に登場したグランドセイコー9Fキャリバー搭載モデルにその技術力のすべてが注ぎ込まれました。

 年差±10秒という超高精度。視認性の高い“太く”“長く”“厚い”針を動かすために搭載されたツインパルス制御モーター。秒針の美しい動きを実現したバックラッシュオートアジャスト機能。従来よりも大きく作られ、瞬間日送り機構で読みやすさ・見やすさが向上したカレンダー。高度な職人技(ザラツ研磨)で鏡面加工されたケースと、格調高いスタイル。グランドセイコー9Fモデル開発者達の『時間精度』『機能美』『技術力』『デザイン』へのこだわりが、「すべてを求める」人をきっと満足させてくれると思います。

 しかし最先端の技術が注がれた、正に『究極の腕時計』ともいえるこの『グランドセイコー9Fキャリバー搭載モデル』には少しばかりの“取っ付き難さ”を感じるかもしれません。決して安くはない価格面から考えても、それは当然といえるでしょう。

 ですがこのモデルの開発コンセプトは『最高の普通』です。一見するとあまりにも“普通”に見える“時計らしい”その外観。しかしその“普通さ”があるからこそ、安心して毎日腕にはめる事ができるのだと思います。そして毎日この時計と生活を共にする事で、セイコーの最高の技術力を実感できるでしょう。

 あなたもぜひ一度実際にこの『グランドセイコー9Fキャリバー搭載モデル』ご覧になり、その『最高の普通』を実感してみてはいかがでしょうか?
(松倉 知展)

line
Copyright(c)2015 株式会社ヤマザキ All rights reserved 長野県諏訪市諏訪1-3-11 TEL0266-52-5200(代) FAX0266-58-5814