時計・宝飾・眼鏡の専門店 株式会社ヤマザキ
トップページ時のコラム宝飾品情報金地金取引会社情報店舗情報採用情報ご利用案内リンクお問い合わせ
ヤマザキの歴史
マスターショップモデル
グランドセイコー
ガランテ
クレドールノード
特殊時計
時計新製品情報
アストロン
プロスペックス
スプリングドライブ
グランドセイコーの歴史

コラムバックナンバー 第一回「グランドセイコー9Fキャリバー搭載モデル」

第五話 「グランドセイコー SMR40000ブライトチタンモデル」
 私が二十歳の頃、腕時計は日々の時を刻む、時間を知るだけのモノにすぎなかった。三十歳を迎えた頃から少し高額の時計を買えるようになると、時計雑誌やカタログ等を熱心に見るようになり、時計への興味も一段と深まっていった。

 今回このコラムを担当するにあたり手持ちの時計を見たところ、自分の過ごして来た青・壮年時代を改めて回想する事ができた。


 三十代当初は「クオーツ」に惹かれ、時計の厚みが薄くなる程お洒落だと考えていた。多彩な文字板もお洒落感を高めていた。その頃の私は服装も少しお洒落していたかも・・・

 四十歳頃からは私の汗が問題で、防水性の高い厚みのある「機械時計」へと移っていった。


 〜クロノグラフ〜
 その精悍な文字板の中に、スポーティーな自分をイメージした。

 〜ダイバーウオッチ〜
 実際に海に潜る時はダイブコンピューターを使用するために必要としなかったが、やはり日常の中にダイビングを感じていたかったので購入した。

 〜GMT〜
 海外旅行を少しばかり経験するようになると、GMT文字板の中の、色々な国々を旅する夢を見たりした。

 〜ムーンフェイズ〜
 その機構に大人の遊び心と余裕さえ感じたが、これは手に入れる事ができなかった。


 現在は海外ブランドを使用しているが、私の場合汗で皮ベルトを毎年交換しなければならないので、今はブレスレットタイプが欲しいと考えている。


 さて、私が今一番好きな時計は「グランドセイコーSMR40000ブライトチタンモデル」だ。

 黒文字板で視認性が高く、重さは95gと耐磁時計の割に軽く、年齢・服装を選ばない。
 少々高価だが、質実剛健な時計。永い間オートマチックを愛用してきたが、完成されたクオーツも魅力的に思う。


 時計はモノではなく、自分と共に歩み、想い出を共有する大切なパートナー。
 そう思うと、より一層愛着を感じる。

(K.U)


line
Copyright(c)2015 株式会社ヤマザキ All rights reserved 長野県諏訪市諏訪1-3-11 TEL0266-52-5200(代) FAX0266-58-5814